妊娠

妊娠したくても妊娠できない人

 

妊娠したくても妊娠できない人は、必ずしも原因が女性にあるというわけではありません。
実は最近は、女性よりも、男性が原因での不妊が多くなっています。
そのため、男性が不妊治療に強力をしてくれないと、妊娠が出来ないケースも多くなっています。
でも、女性以上に、男性に不妊の原因があった時に、男性はなかなか不妊治療に強力をしたくない人が多いので、説得がかなり大変だと言われています。
やはり不妊治療をする時に、夫婦そろって病院に集まり、医師の話を聞いて頑張る必要があります。
そういうことを考えてしまうと、どうしても女性は片方だけのやる気では、子供が授かれません。
両方の気持ちが揃わないと、なかなか上手く行きませんので、まずは二人の気持ちを揃えることから始めるのが大切になります。
どうしても相手が嫌がる場合は、やはり時間をかけて説得するしか方法がありません。
すでに年齢が30代にもなっていると、女性の場合は、高齢出産を考えて、焦ってしまう人も多いと思いますが、相手の気持ちが変わることを待つのも大事になります。
検査では、男性も恥ずかしい思いしますので、やはり自分でやる気がないと、ストレスになるばかりになってしまいます。
まずは夫婦間でしっかりと話し合いましょう。

 

産後ダイエットにエクササイズ

 

産後すぐに始める必要がある、エクササイズがあります。病院に入院している時に、看護士さんから教えてもらいました。
産後は骨盤が開いているので、骨盤をしめるしめないで体系が全然変わってきてしまうそうです。
よく、産前のジーンズが着れなくなってしまった話を聞きますが、それが原因なんですよね。
私はしっかりしめたので、産前のジーンズも着れました。ただ、産後ダイエットは必要がありました。
毎日寝不足で自然に痩せていくのかと思っていたのですが、そうもいかず産後ダイエットを心がけないと痩せませんでした。
私は、産後ダイエット用のエクササイズを赤ちゃんが昼寝している時などにしていました。
外出できるようになってからは、ベビーカーで散歩に出かけたりしてカロリーを消費していました。
赤ちゃんと一緒に楽しみながらの産後ダイエットが一番理想的ですよね。
産前の体系に戻るには、8ヶ月くらいかかりましたがそこまでつらくなく、ダイエットできたと思います。

 

レスベラトロールと認知症

 

レスベラトロールは、北海道帝国大学の高岡道夫氏により発見され、その後ブドウの果皮やチョコレート等に存在することが発見され、今ではポリフェノールの一種と考えられています。そのレスベラトロールは延命効果や乳がん、肺がんのリスクを抑える等、様々な報告がなされています。
 ところで、認知症はどのようにして発症するのでしょうか。脳は脳細胞等の神経細胞が膨大に集まった臓器で、この神経細胞同士のシナプスを介した繋がりによってものごとが記憶されたりものごとを判断します。神経細胞の中に特定のタンパク質が溜ったりくも膜下出血等により脳が侵されたりすると、神経細胞が破壊され減少します。その結果、神経細胞同士の繋がりが失われ、記憶がされにくくなります。これが認知症の発症するプロセスです。また、ものごとを判断するためには短期的な記憶が必要で、その記憶を司る海馬の神経細胞が侵されるとその記憶だけでなく判断力も落ちてしまいます。
 従来は神経細胞は破壊されると復元しないと考えられていました。しかし、レスベラトロールによって海馬の神経細胞が再生され、また認知機能を上げる物質が体内で増加することで認知症の予防や進行抑制に繋がるという報告がなされ、今後の研究に期待が高まっています。

更新履歴


このページの先頭へ戻る